公開履歴
スキンケアをしている女性

ニキビは、別の名を尋常性ざ瘡とも呼びます。
若い年代にあたる10代の思春期から20代にかけてできる吹き出物の一種ですが、30代の人もこれが出る可能性があります。
この吹き出物は多くの人が抱えている悩みであり、美容面で考えた場合には特に女性は気にしてしまいがちです。
その吹き出物が生じる原因ですが、思春期と大人になってから出来るものとでは発生のメカニズムが違ってきますのでそれぞれの特徴を覚えておきましょう。

思春期ニキビの特徴

思春期ニキビの特徴は、皮脂の過剰分泌が原因となっていることが多いです。
また、脂性肌と呼ばれる皮脂が多すぎる状態の肌に該当する場合にも生じがちです。
出来てしまうメカニズムに関して説明すると、まず皮脂は分泌すると肌のバリア機能がありますが過剰分泌も良くありません。
皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まりやすくなり、そこに皮脂を好むアクネ菌が繁殖しやすくなります。
また、ホルモンバランスが乱れてしまうことでも発生しやすいです。

どうしてホルモンバランスが乱れてしまうのかというと、10代のころはまだ大人と比べると未熟な時期にあたります。
成長して、子供の身体から大人へと変化していくために成長ホルモンの分泌量が急激に増える時期でもあるのがこの頃です。
成長ホルモンは、人間の成長には欠かせませんが一つデメリットがあり皮脂を過剰に分泌させる作用もみられます。
その結果、ニキビが出来やすくなり思春期特有の肌の悩みの一つになるというわけです。

出来てしまったニキビは、大抵の場合は一時的なもので早く治ります。
ただ、中には強い炎症を引き起こすものもあり、そうなってしまったものに関しては大人になっても治らずクレーターのような跡になることもあります。
ですので、酷くならないうちに角質ケアをするのが大切です。

思春期タイプの吹き出物が出やすい場所は、まずはTゾーンと呼ばれるあたりです。
そこは、眉毛から眉間・鼻筋にかけての部分を指します。
このあたりは皮脂腺が発達しており、皮脂が特に多い部分であるためアクネ菌が寄り付きやすい場所です。
さらには、おでこのあたりにも出来ることが多いです。

おでこに出来る場合の要因は、ホルモンバランスの乱れが最も出来やすい理由として考えられます。
そのほか、おでこに出来るタイプのものは前髪の毛先及びシャンプーの成分をつい洗い残してしまうことで強い刺激になり生じますので、前髪を揃えるほかにも入浴時にしっかりと洗髪しないとなりません。

このタイプの吹き出物が多く出る季節は、春から夏にかけてとなります。
また、それ以外の季節でも洗顔をしているのに発生してしまうケースは存在します。
この場合、洗顔の仕方が間違っていることがほとんどですので、該当する場合には可能な限りスキンケアを見直したほうが良いでしょう。

大人ニキビの特徴

大人ニキビの特徴は、思春期のものと違って肌が乾燥してしまうことによって起きます。
さらには、生理周期及びホルモンバランスの乱れ・ストレス・生活習慣の乱れなども関係してくるため対策しなければなりません。

こちらのタイプのものは、厄介な性質があります。
それは再発しやすく若い頃に出来るものより治りにくいことです。
もしも改善されたとしても、アルコール・たばこ・ストレスが多い生活などを送っていると生活習慣の乱れが発生し、結果吹き出物がまた出てくるようになります。
これらの要因により、肌のターンオーバーのリズムが乱れてしまって古くなった角質が溜まり毛穴が詰まりやすくなり、その結果として発生するという仕組みです。

出来やすい場所は、あごが第一に挙げられます。
さらには、頬の部分も多く発生します。
思春期タイプと違いこちらは乾燥肌などといった色々な肌タイプの人に生じる可能性があるため、誰にでもあてはまる確率があることを理解しておく必要があるでしょう。

顔以外で多く出来る場所としては、背中が挙げられます。
背中は、元々汗をかきやすい場所であるほか寝ている時には背中は通気性が悪く汗が多くたまる場所であり、原因となる細菌が増えやすい環境になるといわれています。
思春期に顔に出るタイプのものと違い、こちらは原因菌が違います。

大人になってから出てくるこうした吹き出物は、もしも治ったりあるいは治りかけたとしても、生活習慣の乱れやストレスなどの要素によって年中問わず再発するリスクがあります。
ですので、規則正しい生活を出来るだけ送るように日頃から意識しておくことが大切です。
地道な取り組みを続けることで、予防・治療が可能となります。

大人になってから起きるタイプのものは、原因が複合的に絡むこともあって普段使用している塗り薬やクリームだけでは対処しにくいケースもあります。
そのため単に肌の調子のことを考えるだけではなく、心身のバランスもきちんと考慮するようにしましょう。

ビタミン剤・抗生物質・漢方薬などを服用したい人は、服用後に副作用の懸念が考えられるケースもあるため医師に相談してから使用しておいた方が良いです。
大人になってからの吹き出物は治らないというイメージでもみられがちですが、全ては適切なケアと生活習慣をどう考えるか次第です。

男目線で見る女性のニキビ

では、男目線で見る女性のニキビにはどのようにみられているのかというともちろん出来てしまったニキビを綺麗なものとは思わない男性も少なからずいます。
しかし中にはニキビを気にしない男もいるということも覚えておいた方が良いです。
特に思春期においては、成長過程において出てくるものであるため、そのことを分かっている人であればそこまで気にするケースはないともいえます。

肌の悩みの一つに掲げられるニキビですが、男といってもタイプはもちろん人それぞれです。
その一つ一つの言動に振り回されてしまう必要はありませんし、厳しい目線で見るような人ばかりではありません。
ですので、女性の顔などにニキビが出来たからといって慌ててしまう必要はないです。
また、考えすぎてしまうとうつ病になったりそこまではいかなくても気分が落ち込むことになりやすいため、あえて最大限堂々とした方が良いでしょう。

肌トラブルが出たときにやっておくべきことは適切なケアを心がけ、実践しておけばそこまで長く人から言われなくても済みます。
美容意識を持っておいて、毎日の生活の中で取り組むことが重要です。

それから男目線から見て女性のこうした肌トラブルは気になるとはいえ、だからといってやってはいけないこともあります。
それはニキビを潰すのは逆効果であることが多い点です。

どうしてその行為が逆効果になりがちなのかですが、細菌が侵入することで重症化するケースが中にはあるためです。
酷い時には、数時間程度で皮膚が腫れ上がって強い痛みと炎症を引き起こしてしまいます。
この病気を蜂巣炎とも呼び、細菌性の感染症の一つです。

蜂巣炎が起きる要因は、ブドウ球菌などのバクテリアが侵入して下層組織に広がることで起き、最悪の場合には多臓器不全から死に至るケースがあるため気を付けなければなりません。
そうした危険があるため、吹き出物をつぶすだけではなくむやみに触ることも良くありませんので基本的には控えた方が良いでしょう。

もしもどうしてもつぶしたいという人は、適切なタイミングを守って行います。
膿が出来たときはピークが過ぎたサインになりますので炎症が治まりだしたこの時だけならば、つぶしても良いです。
その際には、まず消毒した針で出口を確保するのが前提です。
ニキビの周囲を指の腹でゆるく押し出し、半分程度の高さまで押した後に消毒し抗生剤入りの軟膏を塗り、その後は自然治癒で治します。

記事一覧
ニキビ地獄から脱出するスキンケア

ニキビが出やすい肌の状態を放置しておくと、それが改善されたとしてもまたニキビが再発することになりかねません。 特に敏感肌に該当する人は注意しておいたほうが良いです。 その理由は、敏感肌の人は肌が本来持っているバリア機能が失われてしまっている状態にあります。 そのため、押すなどの少しの刺激で吹き出物が再発しやすくなってしまいますので、スキンケアをいかにして行うかが重要視されるわけです。 ではスキンケアを行うにあたってはどのような手順で行えば良いかですが、最も手軽にとれる対策方法としては洗顔が重要です。 ただし、洗顔時においてやってはいけないことがあります。 それは洗顔のし過ぎであり、洗顔は1日1回から2回までに留めることが求められます。 そもそも、ニキビは肌が不潔だから角質が詰まって出来るのではないという点を理解しておきましょう。 肌の表面の水分は皮脂と混ざることによって天然の保湿液を作って肌を防護するバリア機能があります。 しかし、洗い過ぎるとこのバリア機能が壊れてしまい余計に肌にダメージを与えてしまう可能性が考えられます。 ですので、洗顔は必要ではあるのですがやりすぎは禁物です。 また、洗顔の時にこすらないようにしておきます。 こすってしまうと強い刺激になり肌のダメージになりやすいためです。 洗顔料はよく泡立てておいて、こすらないで泡を肌の上で転がす感覚で使用して出来る限り優しく押すようにしながら洗い、肌に馴染ませるようにするのがポイントです。 成分をしっかりと肌に馴染ませることで肌の奥まで浸透させれば、ニキビの治りを早くすることが可能です。 洗顔するときには、深呼吸をしながら行うのもポイントです。 深呼吸をすることでリラックス効果を生み出し、より美肌効果を引き出します。 リラックスしたほうが、通常の洗顔の時より明るい気分で取り組むことが出来ます。 書店にも深呼吸洗顔のことを記した本が記載されており人気があります。 やり方も難しくありませんので、洗顔時に深呼吸をしてリラックスをしながらやってみると良いでしょう。 中にはスクラブ入りの洗顔料を使いたいという人もいますが、こちらのタイプのものは毎日使う必要はなく週2回に留めましょう。 スクラブ入りのものは、ピーリング効果が期待できますが強い刺激になりやすいため、あまり頻繁に行うと肌のバリア機能を損ねてニキビ予防や美肌づくりに逆効果になります。 ですので、スクラブ入りの洗顔料を使用するときは時々使う程度の間隔で行いましょう。 スクラブ入りを使わないときは普通の洗顔で充分です。

2019年11月27日
専門家も認めるニキビ特効薬のアダフェリン!

アダフェリンもニキビの治療薬として有名です。 アダフェリンは、ディフェリンゲルという名前で日本で販売されています。 名前の通り、ゲルタイプの治療薬であり日本では皮膚科の医師が好んで使っている薬でもあります。 そのため、皮膚科に行くことで医師から処方される治療薬の一つです。 ディフェリンゲルは世界80か国で使用実績があるなど、知名度は高い安全性のある薬です。 アダフェリンの有効成分はアダパレンであり、アダパレンは毛穴に皮脂が溜まった結果として、アクネ菌が急増して炎症を引き起こしてしまう働きを抑止してくれます。 ニキビを出来にくくする効果があるため、特に初期段階のニキビには効果があります。 角栓を取る効果については、ニキビ治療や予防などを専門とする専門家が認めるほどです。 また、ピーリング作用があることも特徴です。 従来のニキビ治療薬と比較すると、それまではできてしまった炎症を抑制したり、アクネ菌の増殖を抑える効果はあったものの完全に出来にくくする働きまではありませんでした。 一方、アダフェリンに関しては、毛穴に詰まった汚れ・角栓などの排出をサポートする働きがあるため、新型のニキビ治療薬として知られています。 使用方法についてですが、まず使用するタイミングは寝る前となります。 また、寝る前の洗顔の後に使用しましょう。 洗顔後に低刺激性の保湿化粧品で肌に潤いを与えておいてから、ニキビ及び周辺にアダフェリンを適量、薄めに塗っておくのがポイントです。 低刺激性の化粧水などで、事前に肌の保湿を済ませる目的はこれによってアダフェリン使用後による副作用を軽減することが出来るためです。 注意点としては、顔のニキビ以外には使用不可となっていますので気を付けます。 1日1回を目安に、最長で12ヶ月までは使用することが可能です。 それを超える使用は難しいですので、その時期が近付いたら医師と相談するようにしましょう。 ニキビ治療薬というものは皮膚科で処方してもらうものです。 しかし、アダフェリンは個人輸入で入手することもできます。 価格は、2千円台となっておりそこまで高いわけではありません。 ただ、医薬品ですので副作用があることを留意します。 主な副作用は、皮膚の乾燥や刺激感が挙げられます。 これはピーリング作用によるものでほとんどは起きても軽度ですので、心配する必要はほぼありません。 ただ、どうしても気になる人は医師と相談すると良いです。 炎症を起こしている場所には、外用抗菌薬と併用することでより効果的に作用します。 アダフェリンを塗った後、外用抗菌薬を併用しましょう。

2019年08月15日
ベンザックACジェルでお手軽ニキビ治療!

ニキビの治療薬にはどのようなものがあるのかというと、まずベンザックACジェルというものがあります。 ベンザックACジェルは、お手軽な治療薬の一つであり過酸化ベンゾイルを配合していることを特徴としています。 過酸化ペンゾイルを主成分とする医薬品はベピオゲルという名の薬で皮膚科で処方してもらえますが、ベピオゲルのジェネリック医薬品がベンザックACジェルです。 過酸化ベンゾイルはニキビの解消にとても効果があり、アクネ菌などの抗菌作用を持つことで厄介な赤ニキビの早期退治にも効果的に作用します。 さらには、ピーリング作用も併せ持っていることが特徴です。 ピーリングは剥ぎ取るという意味を持っており、ニキビ治療の場合では古い角質を取り除いて肌本来の新しい角質に取り戻す働きがあります。 アクネ菌の抗菌作用とピーリング作用の両方を兼ね備えたベンザックACジェルは、アクネ菌を耐性化させないため長期使用が可能なことが魅力です。 長期使用ができることで、家の常備薬として保管しておいて気になるニキビが出ても、原因となるアクネ菌を耐性化させずにニキビを治すことが出来ます。 もちろん、軽度の白ニキビにも効きますので早めにニキビを治したい人にはお手軽で治せるとあっておすすめといえるでしょう。 ベンザックACジェルの使用方法は、最初に患部を水で洗ってきちんと清潔にしてから乾かしておきます。 使用の際には、1日1回を目安にして少量を患部に軽く塗って2時間程度放置してから、水で洗い流すと良いでしょう。 3日間程度同じ手順を繰り返して使用した後、もしも大丈夫であれば夜に使用して1晩中そのままにしておきます。 さらにそこから3日間使用したら、問題がなければ1日2回を目安に朝と夜に塗るのですが、夜に使用する前にはまた患部を洗って乾燥した後に塗布するのがポイントです。 注意点は、ピーリング作用があるため少し刺激感を感じることがあり肌の赤みを感じる人がいます。 通常はそこまで問題はありませんが、問題があれば使用を中止して医師と相談するようにします。 ベンザックACジェルは、主に通販で購入することが出来るアイテムです。 アメリカ合衆国においては、ニキビ治療薬としてきちんと実績がありFDAと呼ばれる米国食品医薬品局の認可を得ているためほとんどの治療薬に使用されるメジャーな治療薬なのですが、日本国内では現在のところ未認可ですので使うときには信頼できる個人輸入代行業者の運営するサイトを利用しましょう。

2019年09月07日
トレチノインとハイドロキノンの併用で効果倍増!

トレチノインのほかにもう一つ、美肌づくりに欠かせない成分にはハイドロキノンと呼ばれる成分もあり、シミの原因となっているメラニン色素を作らせなくする作用がある漂白剤です。 これによって、色白の美肌を作りやすくすることが出来ます。 トレチノインとハイドロキノンは、それぞれ併用することによって効果が倍増するといわれています。 シミ治療で例をとると、トレチノインでメラニン色素を外に押し出してハイドロキノンで新しいメラニン色素をつくるのを防ぐのが美容面で効果的といわれており、それぞれ単体よりも併用した方が相乗効果を見込めることから医学的に推奨されています。 これらの成分は、ニキビやそばかすなどにも効果的に作用するため美肌づくりには今や欠かせない存在といえます。 ただ、そばかすに対してはやや効きだすのに時間がかかりますので留意しましょう。 トレチノイン・ハイドロキノン併用療法の手順を書くと、まずは普段通りに洗顔をした後にビタミンC誘導体ローションを使用してそれを顔全体に付けておいてからある程度乾燥させます。 そして、トレチノインを患部に薄く塗っていくわけですがその際に使用するのが小児用綿棒などです。 これを使い、綿棒の先に付けて範囲を少なめにし、薄く塗布するのがポイントです。 15分ほど様子を見て成分が皮膚に浸透したら、その次にハイドロキノンをトレチノインよりも広い範囲にあまり白くならない程度の厚さで塗るようにしましょう。 塗る順番は、トレチノインが先でハイドロキノンが後の順番となります。 ハイドロキノンは、トレチノインを塗っていない部分から内側に向けて塗り始める決まりです。 そうすることで、より相乗効果を見込めます。 これらの成分を混ぜることは出来るのかですが、混ぜるよりも混ぜない方が効果があるとされます。 時間に余裕があれば、朝と風呂上がりを目安して1日2回塗布します。 継続できる期間は、開始から1か月半くらいとなります。 その後はハイドロキノン単独で塗りますが、注意点として塗る期間は最長でも併用開始から数えて3ヶ月程度までとなっており、それ以上継続すると耐性ができてしまう可能性がありますのでそこで打ち切るようにしましょう。 また、治療中においては医療機関に定期的に通って診察を受けるのも重要です。 ほかの注意点についてですがトレチノイン・ハイドロキノン併用療法では、効かないタイプの肌トラブルもあります。 黒いほくろや老人性のいぼには効きません。ただニキビ全般には、有効です。 しかし、紫外線の影響を受けてしまいますので、外出時に事前に毎回紫外線対策をしておくようにします。

2019年10月26日
ニキビ治療薬のレチノAクリームは通販で買える!

レチノAクリームもニキビ治療薬の一つです。レチノAクリームは、肌のターンオーバーを促進させる効果があります。 有効成分はトレチノインであり、これはビタミンA誘導体の一種です。 皮膚表面の古い角質をはがしてくれる働きがあるため、シミやくすみを改善するほかニキビ予防・治療にも有効といわれています。 さらには、ビタミンA誘導体の作用の一つにコラーゲンの生成を促進させる働きもみられます。 トレチノインはコラーゲン産生を促す数少ない成分の一つであり、これによってターンオーバーを促進させて色々な肌トラブルを改善してくれます。 さらには、ニキビなどの炎症が直った後にも予防する効果があります。 レチノAクリームの使用方法は、1日1回就寝前に使用するのがポイントです。 事前に入浴中に低刺激の石鹸やボディソープなどで優しく洗い肌を綺麗にして、それが完全に乾いた後に薄く丁寧に塗っておきます。 レチノAクリームを購入するにあたっては、通販で購入することが出来ます。 レチノAクリームは、日本では認可されていませんが個人輸入代行を活用することによって入手可能です。 個人輸入代行業者が運営している通販サイトでは、レチノAクリームのほか、名前が似ているレチンAクリームも見かけることがあります。 レチンAクリームは、レチノAクリームのジェネリックです。 ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ効果がありますので、これらの商品は全く一緒といって問題はありません。 使い方も同じですので、どちらを購入しても良いでしょう。 ただ、経済的な面ではジェネリック医薬品のほうが少し安いですので予算が気になる方はレチンAクリームのほうが少しお得です。 レチノAクリーム・レチンAクリームを使用するときの注意点は、使用している間はしっかりと保湿するようにしておきます。 使用中・使用後は、乾燥しやすいため保湿を目的としたクリームなどを塗っておくのが効果的です。 塗る場所については、デリケートな場所の使用は控えます。 目の周り・口周り・皮膚が薄い箇所・傷がある場所には使用不可です。 刺激を避けるため、治療中はアルコールやスクラブ入りの化粧品などを併用して使うことは避けておきます。 それから、使用そのものが出来ない人もいます。妊娠中や妊娠予定の人には使用できません。 これは、ビタミンA誘導体の成分により胎児への悪影響が懸念されるためです。 個人輸入代行業者の利用は基本的に自己責任で使用する決まりですので、気になった方は事前に医師と相談しておいた方が望ましいでしょう。

2019年09月23日