公開履歴
スキンケアをしている女性

ニキビは、別の名を尋常性ざ瘡とも呼びます。
若い年代にあたる10代の思春期から20代にかけてできる吹き出物の一種ですが、30代の人もこれが出る可能性があります。
この吹き出物は多くの人が抱えている悩みであり、美容面で考えた場合には特に女性は気にしてしまいがちです。
その吹き出物が生じる原因ですが、思春期と大人になってから出来るものとでは発生のメカニズムが違ってきますのでそれぞれの特徴を覚えておきましょう。

思春期ニキビの特徴

思春期ニキビの特徴は、皮脂の過剰分泌が原因となっていることが多いです。
また、脂性肌と呼ばれる皮脂が多すぎる状態の肌に該当する場合にも生じがちです。
出来てしまうメカニズムに関して説明すると、まず皮脂は分泌すると肌のバリア機能がありますが過剰分泌も良くありません。
皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まりやすくなり、そこに皮脂を好むアクネ菌が繁殖しやすくなります。
また、ホルモンバランスが乱れてしまうことでも発生しやすいです。

どうしてホルモンバランスが乱れてしまうのかというと、10代のころはまだ大人と比べると未熟な時期にあたります。
成長して、子供の身体から大人へと変化していくために成長ホルモンの分泌量が急激に増える時期でもあるのがこの頃です。
成長ホルモンは、人間の成長には欠かせませんが一つデメリットがあり皮脂を過剰に分泌させる作用もみられます。
その結果、ニキビが出来やすくなり思春期特有の肌の悩みの一つになるというわけです。

出来てしまったニキビは、大抵の場合は一時的なもので早く治ります。
ただ、中には強い炎症を引き起こすものもあり、そうなってしまったものに関しては大人になっても治らずクレーターのような跡になることもあります。
ですので、酷くならないうちに角質ケアをするのが大切です。

思春期タイプの吹き出物が出やすい場所は、まずはTゾーンと呼ばれるあたりです。
そこは、眉毛から眉間・鼻筋にかけての部分を指します。
このあたりは皮脂腺が発達しており、皮脂が特に多い部分であるためアクネ菌が寄り付きやすい場所です。
さらには、おでこのあたりにも出来ることが多いです。

おでこに出来る場合の要因は、ホルモンバランスの乱れが最も出来やすい理由として考えられます。
そのほか、おでこに出来るタイプのものは前髪の毛先及びシャンプーの成分をつい洗い残してしまうことで強い刺激になり生じますので、前髪を揃えるほかにも入浴時にしっかりと洗髪しないとなりません。

このタイプの吹き出物が多く出る季節は、春から夏にかけてとなります。
また、それ以外の季節でも洗顔をしているのに発生してしまうケースは存在します。
この場合、洗顔の仕方が間違っていることがほとんどですので、該当する場合には可能な限りスキンケアを見直したほうが良いでしょう。

大人ニキビの特徴

大人ニキビの特徴は、思春期のものと違って肌が乾燥してしまうことによって起きます。
さらには、生理周期及びホルモンバランスの乱れ・ストレス・生活習慣の乱れなども関係してくるため対策しなければなりません。

こちらのタイプのものは、厄介な性質があります。
それは再発しやすく若い頃に出来るものより治りにくいことです。
もしも改善されたとしても、アルコール・たばこ・ストレスが多い生活などを送っていると生活習慣の乱れが発生し、結果吹き出物がまた出てくるようになります。
これらの要因により、肌のターンオーバーのリズムが乱れてしまって古くなった角質が溜まり毛穴が詰まりやすくなり、その結果として発生するという仕組みです。

出来やすい場所は、あごが第一に挙げられます。
さらには、頬の部分も多く発生します。
思春期タイプと違いこちらは乾燥肌などといった色々な肌タイプの人に生じる可能性があるため、誰にでもあてはまる確率があることを理解しておく必要があるでしょう。

顔以外で多く出来る場所としては、背中が挙げられます。
背中は、元々汗をかきやすい場所であるほか寝ている時には背中は通気性が悪く汗が多くたまる場所であり、原因となる細菌が増えやすい環境になるといわれています。
思春期に顔に出るタイプのものと違い、こちらは原因菌が違います。

大人になってから出てくるこうした吹き出物は、もしも治ったりあるいは治りかけたとしても、生活習慣の乱れやストレスなどの要素によって年中問わず再発するリスクがあります。
ですので、規則正しい生活を出来るだけ送るように日頃から意識しておくことが大切です。
地道な取り組みを続けることで、予防・治療が可能となります。

大人になってから起きるタイプのものは、原因が複合的に絡むこともあって普段使用している塗り薬やクリームだけでは対処しにくいケースもあります。
そのため単に肌の調子のことを考えるだけではなく、心身のバランスもきちんと考慮するようにしましょう。

ビタミン剤・抗生物質・漢方薬などを服用したい人は、服用後に副作用の懸念が考えられるケースもあるため医師に相談してから使用しておいた方が良いです。
大人になってからの吹き出物は治らないというイメージでもみられがちですが、全ては適切なケアと生活習慣をどう考えるか次第です。

男目線で見る女性のニキビ

では、男目線で見る女性のニキビにはどのようにみられているのかというともちろん出来てしまったニキビを綺麗なものとは思わない男性も少なからずいます。
しかし中にはニキビを気にしない男もいるということも覚えておいた方が良いです。
特に思春期においては、成長過程において出てくるものであるため、そのことを分かっている人であればそこまで気にするケースはないともいえます。

肌の悩みの一つに掲げられるニキビですが、男といってもタイプはもちろん人それぞれです。
その一つ一つの言動に振り回されてしまう必要はありませんし、厳しい目線で見るような人ばかりではありません。
ですので、女性の顔などにニキビが出来たからといって慌ててしまう必要はないです。
また、考えすぎてしまうとうつ病になったりそこまではいかなくても気分が落ち込むことになりやすいため、あえて最大限堂々とした方が良いでしょう。

肌トラブルが出たときにやっておくべきことは適切なケアを心がけ、実践しておけばそこまで長く人から言われなくても済みます。
美容意識を持っておいて、毎日の生活の中で取り組むことが重要です。

それから男目線から見て女性のこうした肌トラブルは気になるとはいえ、だからといってやってはいけないこともあります。
それはニキビを潰すのは逆効果であることが多い点です。

どうしてその行為が逆効果になりがちなのかですが、細菌が侵入することで重症化するケースが中にはあるためです。
酷い時には、数時間程度で皮膚が腫れ上がって強い痛みと炎症を引き起こしてしまいます。
この病気を蜂巣炎とも呼び、細菌性の感染症の一つです。

蜂巣炎が起きる要因は、ブドウ球菌などのバクテリアが侵入して下層組織に広がることで起き、最悪の場合には多臓器不全から死に至るケースがあるため気を付けなければなりません。
そうした危険があるため、吹き出物をつぶすだけではなくむやみに触ることも良くありませんので基本的には控えた方が良いでしょう。

もしもどうしてもつぶしたいという人は、適切なタイミングを守って行います。
膿が出来たときはピークが過ぎたサインになりますので炎症が治まりだしたこの時だけならば、つぶしても良いです。
その際には、まず消毒した針で出口を確保するのが前提です。
ニキビの周囲を指の腹でゆるく押し出し、半分程度の高さまで押した後に消毒し抗生剤入りの軟膏を塗り、その後は自然治癒で治します。

記事一覧
専門家も認めるニキビ特効薬のアダフェリン!

アダフェリンもニキビの治療薬として有名です。 アダフェリンは、ディフェリンゲルという名前で日本で販売されていま […]

2019年08月15日