• ホーム
  • ニキビ地獄から脱出するスキンケア

ニキビ地獄から脱出するスキンケア

2019年11月27日

ニキビが出やすい肌の状態を放置しておくと、それが改善されたとしてもまたニキビが再発することになりかねません。
特に敏感肌に該当する人は注意しておいたほうが良いです。

その理由は、敏感肌の人は肌が本来持っているバリア機能が失われてしまっている状態にあります。
そのため、押すなどの少しの刺激で吹き出物が再発しやすくなってしまいますので、スキンケアをいかにして行うかが重要視されるわけです。
ではスキンケアを行うにあたってはどのような手順で行えば良いかですが、最も手軽にとれる対策方法としては洗顔が重要です。

ただし、洗顔時においてやってはいけないことがあります。
それは洗顔のし過ぎであり、洗顔は1日1回から2回までに留めることが求められます。
そもそも、ニキビは肌が不潔だから角質が詰まって出来るのではないという点を理解しておきましょう。

肌の表面の水分は皮脂と混ざることによって天然の保湿液を作って肌を防護するバリア機能があります。
しかし、洗い過ぎるとこのバリア機能が壊れてしまい余計に肌にダメージを与えてしまう可能性が考えられます。
ですので、洗顔は必要ではあるのですがやりすぎは禁物です。

また、洗顔の時にこすらないようにしておきます。
こすってしまうと強い刺激になり肌のダメージになりやすいためです。
洗顔料はよく泡立てておいて、こすらないで泡を肌の上で転がす感覚で使用して出来る限り優しく押すようにしながら洗い、肌に馴染ませるようにするのがポイントです。
成分をしっかりと肌に馴染ませることで肌の奥まで浸透させれば、ニキビの治りを早くすることが可能です。

洗顔するときには、深呼吸をしながら行うのもポイントです。
深呼吸をすることでリラックス効果を生み出し、より美肌効果を引き出します。
リラックスしたほうが、通常の洗顔の時より明るい気分で取り組むことが出来ます。
書店にも深呼吸洗顔のことを記した本が記載されており人気があります。
やり方も難しくありませんので、洗顔時に深呼吸をしてリラックスをしながらやってみると良いでしょう。

中にはスクラブ入りの洗顔料を使いたいという人もいますが、こちらのタイプのものは毎日使う必要はなく週2回に留めましょう。
スクラブ入りのものは、ピーリング効果が期待できますが強い刺激になりやすいため、あまり頻繁に行うと肌のバリア機能を損ねてニキビ予防や美肌づくりに逆効果になります。
ですので、スクラブ入りの洗顔料を使用するときは時々使う程度の間隔で行いましょう。
スクラブ入りを使わないときは普通の洗顔で充分です。