Month: August 2019
専門家も認めるニキビ特効薬のアダフェリン!

アダフェリンもニキビの治療薬として有名です。 アダフェリンは、ディフェリンゲルという名前で日本で販売されています。 名前の通り、ゲルタイプの治療薬であり日本では皮膚科の医師が好んで使っている薬でもあります。 そのため、皮膚科に行くことで医師から処方される治療薬の一つです。 ディフェリンゲルは世界80か国で使用実績があるなど、知名度は高い安全性のある薬です。 アダフェリンの有効成分はアダパレンであり、アダパレンは毛穴に皮脂が溜まった結果として、アクネ菌が急増して炎症を引き起こしてしまう働きを抑止してくれます。 ニキビを出来にくくする効果があるため、特に初期段階のニキビには効果があります。 角栓を取る効果については、ニキビ治療や予防などを専門とする専門家が認めるほどです。 また、ピーリング作用があることも特徴です。 従来のニキビ治療薬と比較すると、それまではできてしまった炎症を抑制したり、アクネ菌の増殖を抑える効果はあったものの完全に出来にくくする働きまではありませんでした。 一方、アダフェリンに関しては、毛穴に詰まった汚れ・角栓などの排出をサポートする働きがあるため、新型のニキビ治療薬として知られています。 使用方法についてですが、まず使用するタイミングは寝る前となります。 また、寝る前の洗顔の後に使用しましょう。 洗顔後に低刺激性の保湿化粧品で肌に潤いを与えておいてから、ニキビ及び周辺にアダフェリンを適量、薄めに塗っておくのがポイントです。 低刺激性の化粧水などで、事前に肌の保湿を済ませる目的はこれによってアダフェリン使用後による副作用を軽減することが出来るためです。 注意点としては、顔のニキビ以外には使用不可となっていますので気を付けます。 1日1回を目安に、最長で12ヶ月までは使用することが可能です。 それを超える使用は難しいですので、その時期が近付いたら医師と相談するようにしましょう。 ニキビ治療薬というものは皮膚科で処方してもらうものです。 しかし、アダフェリンは個人輸入で入手することもできます。 価格は、2千円台となっておりそこまで高いわけではありません。 ただ、医薬品ですので副作用があることを留意します。 主な副作用は、皮膚の乾燥や刺激感が挙げられます。 これはピーリング作用によるものでほとんどは起きても軽度ですので、心配する必要はほぼありません。 ただ、どうしても気になる人は医師と相談すると良いです。 炎症を起こしている場所には、外用抗菌薬と併用することでより効果的に作用します。 アダフェリンを塗った後、外用抗菌薬を併用しましょう。

2019年08月15日